2007年 05月 29日 ( 1 )

すべてを持ち去って。

松岡農水大臣からは何も語られる事なく、
結局本人の自殺という形になってしまいました。

あれだけ納得のできないことをしておきながら
数々の不正の影がチラホラと取りざたされていた
中でも首相は「かばい、支えていた」ように思い
ましたが、それがむしろ裏目に出たのではないか?

というような解説を昨日のニュースでは結構
耳にしましたが、あるで意味自由にさせる事の
なかった松岡農水大臣の周辺からのプレッシャーが
自殺に追い込んだのかもしれませんね。

早々に辞任させて、全てをぶちまけさせてあげれば
こんな道に進むこともなかったのではないかと思うと
なんだか空しいですね。

ただ、


やはり逃げずに説明してほしかったという思いは拭えません。

というのも、何万人もの人からの信託を受けて活動をする
という事の末路がこれではあまりにも悲しいと思うからです。



なんとか還元水ってなんだったの?
緑資源機構の巨額談合ってなんだったの?




死者を冒涜するつもりは毛頭ないのですが、
全てをそのままにして貴方は去った事実は変りませんし、
そしてそれは有権者の裏切りでしかないでしょう。



今回の事件を機会によりいっそうの真相究明への努力が
国会議員には求められるのではないでしょうか。

参院選まで2ヶ月を切った中、はたして安部政権は、そして
自民党はどう対処していくのでしょうか。



目が離せません。


そして今朝こんなニュースが・・・・

<緑資源談合>元森林開発公団理事が飛び降り自殺 横浜


果たしてどうなってしまったんでしょう。
[PR]
by tsuyonezumi | 2007-05-29 12:05 | 時事