人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007年 07月 31日 ( 3 )

29日は参議院選挙だったわけですが、
民主党が今回は勝利を収めました。

これは何を意味するのか?

政権交代への布石?否

自民党の衰退?否

単なる非難の裏返し?否

答えは

国民がこれまでの政策に大して判断を
示したという事の現われ


だと私は思います。


今までは政治家が何をしようが。
不詳事がおきようが。
不景気になろうが。
ミサイルが飛んで来ようが。

解決するのも、
改革するのも、
もめるのも。

いつでもどこでも、全部が変る事なく
「自民党(近年では公明党も)ワールド」でした。

ただ、今回の選挙では、政権運営によっては
第一党が変る事が実際に証明されたわけです。

昔、とあるおじさんは真顔でいいました。

困ったときの自民党。任せておけば大丈夫。

当時はつっこみはしませんでしたが、それでも
「何で?」という疑問は頭から消えなかった思いがあります。

そしてこの選挙結果が語るようにもはや名前やこれまでの
政権運営実績だけでは選挙にならないという事がわかったわけです。

つまり今後の選挙・政治はもっとわかりやすく
なるのではないかと期待するわけです。


「政党名」で信頼を得る時代は終わり、
「何をやったか」「何を目指すか」をよりわかりやすく
国民に説明する事で票を得る時代が来たのでは
ないかと。


今後の自民・民主、のみならず他の政党の活動
全てに大いに期待したいと思います。


ただ、安部さんははやく退陣して年末目指して衆院選挙
くらいを目指した方が自民には有利だと思いますけど。
ここで解散せず安部さん続投のようですが、おそらくこれは
まだ政策にぶれのある民主党に利する結果になると思います。
by tsuyonezumi | 2007-07-31 16:52 | 時事
MLB.JP に面白い記事があったので紹介を。


松井秀の好調の鍵は「2インチ」にあり

以下抜粋です。

「コースに関しては2インチ(約5センチ)の
許容範囲を持たされています。2インチまでは
ベースから投球が外れたところを通っても、
間違いだったとは判断されないのです」

なるほど。ストライクゾーンが内に狭く、
外に広いのはしってましたが、こんな
許容範囲が審判に与えられていたとは・・・。

単にウィンブルドンのように、精密な判定に
のみ従うのか(今年から、「チャンス」と
いってVTR判定をIn/Outに採用している)、
それとも機会で判定もできるけど、あえてMLB
のように「審判に任せる」ようそを
作るのか。

果たしてどっちがいいんでしょうね。

まあ、野球で一球毎に機械判定なんてやってたら
いったい何時間かかるんだという事になりますから
いたしかたないんだろうとは思いますが(笑)
by tsuyonezumi | 2007-07-31 12:29 | MLB・松井!
本日採決の方向だそうな。

ハイナンNETニュース

なんでも米国でも日本の選挙への
影響を考えて採決がずれたとの話もあったり。

前向きに動かない日本にますます視線は
厳しくなってきそうな雰囲気です。
by tsuyonezumi | 2007-07-31 00:27 | 時事